壊れたものは直す! コレ基本。

どんなものでも壊れす。だからといって捨てるのはダメ!

物であふれかえる現在。かつては高値の花、三種の神器といわれる家電製品もとてもリーズナブルになり、壊れても修理せずに「もう○○年も使ったんだから買い替え時」と勝手にきめていませんか。 まずは、修理を考えましょう。そして自分で修理しましょう。 直らなくてもいいのです。どんな構造になっているのか、何故こわれたのか、そうしたことが少しわかるだけで、次の買い物をするときに手助けとなります。 バニーマタル

最新投稿

  • セルボの扉の修理

    当店の営業車(軽自動車)のセルボ、助手席側の扉が電柱にこすってしまい、軽傷。 このまま、放置すると、錆も出るの …

  • iPhoneの画面割れ修理

    お決まりですが、iPhoneの画面割れ。 Apple Care に入っていればいいのですが、入っていないときに …

  • Memory not configuredで止まる

    DELLのデスクトップのパソコンをご利用のお客様がパソコンを持ち込み。 メモリを増設(交換)したら起動しなくな …

  • 無線機器の故障

    無線がつながらないとのご連絡でお客様がこられたのですが、 無線といってもハンディ無線で、パソコンの範疇じゃない …