壊れたものは直す! コレ基本。

どんなものでも壊れす。だからといって捨てるのはダメ!

物であふれかえる現在。かつては高値の花、三種の神器といわれる家電製品もとてもリーズナブルになり、壊れても修理せずに「もう○○年も使ったんだから買い替え時」と勝手にきめていませんか。 まずは、修理を考えましょう。そして自分で修理しましょう。 直らなくてもいいのです。どんな構造になっているのか、何故こわれたのか、そうしたことが少しわかるだけで、次の買い物をするときに手助けとなります。

最新投稿

  • 婚活を応援します

    コロナの事情もあってか、なかなか出会いにめぐまれないことが増えてきているようです。 ウチのスタッフさんも、いい …

  • ちょっと変わったレンタル着物屋さんをご紹介

    京都の四条や祇園を歩くと着物姿の女性が多いこと。 日本人だけでなく、海外の方も多いようです。 そのほとんどがレ …

  • 社員に赤ちゃんが生まれました。

    この度、当社の写真に赤ちゃんが生まれました。 結婚してから5年目での待望の赤ちゃんです。 元気な男の子、とても …

  • セルボの扉の修理

    当店の営業車(軽自動車)のセルボ、助手席側の扉が電柱にこすってしまい、軽傷。 このまま、放置すると、錆も出るの …

演奏靴